日本インストラクター技術協会の資格は教える技術

日本インストラクター技術協会の資格は教える技術

日本インストラクター技術協会日本インストラクター技術協会

人から教わることと人に教えることは違います。知識があるから教えられるわけではありません。日本インストラクター技術協会では、教えるための技術を認定してくれます。講師などになりたいときに、使える資格を得ることができます。


教える技術のスキルを認定してくれる

資格といえば、一般的には一定の知識があったり、技術があることを認定してくれます。そのことに関する仕事をしている人なら、仕事に生かすことができますし、それがないとできない仕事などもこなすことができます。日本インストラクター技術協会でもいろいろな資格を認定していますが、教える技術のスキルを認定してくれるものが主になります。知識や技術を持っているのはもちろんですが、その知識などがない人に伝える技術などの認定をしてくれます。知らない人にどんなことから伝えればいいのか、必ず備えていないといけないことはどの部分かなど、一般的なものとは異なります。

講座を開講したり講師として活躍する知識

勉強と言いますと、学生時代にしかしないイメージがあるかもしれません。義務教育や教育制度に基づいて勉強するのは学生時代ですが、学生でなくても勉強は必要です。独学であろうが学校に通おうが方法がありますが、学校などに通うと効率的です。人気の講座はすぐに人が埋まることもあります。日本インストラクター技術協会では、講師のための資格が取得できるようになっています。何らかの知識や技術を教える講座を開講したり、既に開講されている講座の講師として仕事をすることができます。複数持っていると幅広く仕事ができるので、こちらで提供しているいくつかのスキルを得ると良いかもしれません。

勉強や試験がしやすくなっている

資格を取得するために勉強をすることがあります。忙しい人だと通学ができないので、通信教育や独学等を利用するでしょう。何とか勉強して実力を得れば、実際に試験を受けます。通常は所定の開場があり、所定の日に集合して受けます。そして後日合格発表を受けることになります。忙しい人だと、試験に行くことができない場合もあるでしょう。日本インストラクター技術協会の試験は、勉強や試験がしやすいのが利点となっています。いろいろな認定制度がありますが、受験資格があるものは少ないです。事前の準備なくすぐに受験することも可能です。在宅受験が可能なので、会場に行けない人でも受験ができます。

まとめ

知識や技術を認定してくれる資格がいくつかありますが、日本インストラクター技術協会では、人に知識などを伝える力を認定してくれます。自分で講座を開いたり、講座の講師をしたい人にぴったりです。受験や勉強がしやすいのが利点です。


日本インストラクター技術協会

比較ページへのリンク画像